freeeアプリストアデベロッパー規約

第1章 総則

第1条(目的)

1 本規約は、フリー株式会社(以下「当社」といいます。)が運営する、アプリユーザーへアプリを提供するために構築したアプリ提供用ストア(freeeアプリストア (以下「本アプリストア」といいます。)をデベロッパーが利用できるサービス(以下「本サービス」といいます。)に関するルール等を定めるものです。

2 デベロッパーは、当社が本サービスの円滑な運用を図るため、本規約の他、必要に応じて別途定める諸規程(freee利用規約の他、ガイドライン、マニュアル、基準、仕様書等含むが、これに限られないものとし、何らかの事由によりこれらが変更された場合は、変更後のものを指す。以下同じ。)に従うものとします。

第2条(定義)

本規約における用語については、freee利用規約に定める他、次の各号に定めるとおりとします。

(1)本サービス利用契約

デベロッパーと当社との本規約および諸規程に基づいた契約

(2)デベロッパー アプリ開発者のうち、当社と本サービス利用契約を締結した者

(3)アプリ デベロッパーが本サービスを利用してアプリユーザーに対して提供するアプリケーション

(4)アプリユーザー デベロッパーが本サービスを利用して提供するアプリの利用者

(5)アプリ提供契約 デベロッパーがアプリユーザーに対し、アプリ提供時に締結する契約

(6)情報料 アプリユーザーが、デベロッパーから有料アプリの提供を受けることの対価として、デベロッパーに対して支払うべき料金

(7)収納代行サービス 当社が、有料アプリの提供に関わる情報料を、デベロッパーに代わってアプリユーザーから収納するサービス。

第3条(本規約等の掲載変更等)

1 当社の定める手段を通じデベロッパーに対して通知される諸規程は、通知した時点をもって本規約の一部を構成するものとし、デベロッパーはこれを承諾したものとみなします。

2 当社は、デベロッパーの承諾を得ることなく本規約または諸規程を変更することがあり、利用者はこれに異議を述べないものとします。

3 当社は、本規約を以下に指定するウェブサイト(以下「ウェブ」といいます)に掲載するものとし、本規約の変更は、変更後の本規約がデベロッパーに閲覧可能な状態でウェブに掲載された時点より効力を生じるものとします。

URL:https://app.secure.freee.co.jp/terms-developers.html

第2章 利用申込等

第4条(利用申込、承諾、および契約の成立)

1 アプリ開発者は、本規約に同意していることを条件に本サービスの利用を開始するものとし、本サービスの利用開始をもって当社に対する利用申込を行ったものとみなします。

2 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、アプリ開発者の利用申込を承諾しないことがあります。

(1)当社に対する届出に虚偽の内容が記載され、もしくはそのおそれがある場合、または当社が別途指定する書類等に不備がある場合

(2)アプリ開発者が日本国内に登記されている法人でない場合

(3)アプリ開発者が過去に本規約、諸規程もしくは当社の指示に違反し、または将来そのおそれがあると当社が判断した場合

(4)当社が定める当社決済サービスを利用しない場合

(5)前各号のほか、利用申込を承諾することが不適当であると当社が判断した場合

3 当社は、アプリ開発者の利用申込を承諾しない場合には、不承諾の通知を行うものとし、不承諾の通知がない場合には、利用申込時に遡って、当社とアプリ開発者との間で本サービス利用契約が締結されたものとします。

第5条(届出事項の変更)

1 デベロッパーは、当社に届け出た内容に変更が生じた場合、当社の所定の方法により、速やかにその旨を届け出るものとします。

2 デベロッパーが、前項に基づく届出を怠ったことにより、本サービス利用契約の解除や何らかの不利益を被ったとしても、当社はその責任を一切負いません。

第3章 本サービスの利用

第6条(本サービスの利用)

デベロッパーは、本規約および諸規程に基づき、本サービスを利用するものとします。

第7条(本サービスの料金)

1 デベロッパーは、本規約の末尾に掲載する料金表に定める利用にかかる費用を当社に支払うものとします。

ただし、アプリの内容によってはこの限りでない場合があり、その場合は当社およびデベロッパーと協議のうえ定めるものとします。

2 デベロッパーは、前項で定める費用を当社指定の口座に振込むものとし、かかる振込手数料等はデベロッパーの負担とします。 ただし、当社およびデベロッパー間で別途の合意がある場合、この限りではありません。

3 前項にかかる費用を当社が確認できない場合、当社は本サービスの全部または一部を停止することができるものとします。

4 当社は、費用を予告無く変更する場合があります。

第8条(本サービスの停止)

1 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、何らの通知を要することなく、デベロッパーに対する本サービスの全部または一部を停止することができるものとします。

(1)デベロッパーが本規約または諸規程に違反した、または違反のおそれがあると当社が判断した場合

(2)デベロッパーが、当社が審査したアプリの内容と異なるアプリを提供していると認められる場合

(3)当社がアプリの全部または一部または提供方法を不適当と判断した場合

(4)デベロッパーが、アプリユーザーに対し重大な支障を与える場合

(5)天変地異等の非常事態、電気通信設備等の障害が発生した場合

2 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部または一部を一時的に停止することができるものとします。

(1)災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保、または秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要する場合

(2)当社の電気通信設備等のメンテナンスまたは工事の場合

(3)その他当社の業務の遂行上支障があると当社が認めた場合

3 当社は、前項に基づき本サービスの全部または一部を停止する場合は、その旨を当社が適当と判断する方法で、デベロッパーに通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。

4 当社は、前各項に基づきデベロッパーに対する本サービスを停止したことにより、デベロッパー、アプリユーザーその他の第三者に生じた損害について、一切責任を負わないものとします。

第9条(本サービスの廃止)

1 当社は、本サービスの全部または一部を廃止する場合があります。この場合、当社は、あらかじめ廃止日をウェブに掲載またはその他当社が適当と判断する方法で、デベロッパーに通知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

2 前項の場合、当該本サービスの全部または一部の廃止日をもって、当該廃止にかかる本サービス利用契約も当然に終了するものとします。

3 当社は、本条に基づき本サービスを廃止し、または本サービス利用契約を終了したことにより、デベロッパーまたはアプリユーザーその他の第三者に生じた損害について、一切責任を負わないものとします。

第10条(IDおよびパスワード)

1 デベロッパーは、当社がデベロッパーに対して付与する、IDおよびパスワード(以下「本ID等」という)を、自己の費用と責任において厳重に管理し、本ID等を正当な権限を有する従業員を除き、第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等をしてはならないものとします。

2 デベロッパー用サイトに、デベロッパーの本ID等が入力された場合は、当社は当該デベロッパーが入力したものとみなします。

3 デベロッパーは、本ID等の盗難や不正利用等の事実を知った場合、直ちにその旨を当社に通知するものとします。この場合において、当社から指示があったときは、これに従い対応するものとします。

4 本ID等の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により、デベロッパー、アプリユーザーその他第三者に損害が生じた場合でも、その責任はデベロッパーが負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。また、本ID等が不正に利用されたことにより、当社に損害が生じた場合、デベロッパーは、当社に対しその損害の一切を賠償するものとします。

第4章 アプリの掲載および提供等

第11条(アプリの掲載およびアプリユーザーへの提供に関する条件)

1 デベロッパーは、本規約および諸規程を遵守することを条件として、本アプリストアにアプリを掲載し本アプリストアを経由してアプリユーザーへ提供する(以下「提供」といいます。)ことができます。

2 デベロッパーは、本規約および諸規程に従い、自己の責任と費用において、アプリを制作、更新するとともに、本規約およびデベロッパーと当社との間で別途合意した場合を除き、当社に対して、名目の如何を問わず一切の金銭その他の請求をしないものとします。なお、諸規程が変更された場合は、変更後の諸規程に従ってアプリを制作、更新するものとします。

3 デベロッパーは、本サービスを利用するにあたり、本サービスを含む当社のサービスの仕様が予告なく変更される場合があることを了承するものとします。なおデベロッパーは、本サービスを含む当社のサービスの仕様が変更された場合のアプリの制作、更新については、前項に準じて自己の責任と費用において対応するものとします。

4 デベロッパーは、本サービスを利用するにあたり、当社の別途指定する方法により、アプリ本体およびアプリ情報(以下「アプリ等」といいます。)、その他別途当社が指定した事項について届け出るとともに、当社の承諾を得るものとします。

5 当社は、前項により提出された事項について、諸規程に基づき、当該アプリが掲載および提供可能か否かについて審査(以下「審査」といいます。)を行います。 なお、当社が諸規程の変更を行った場合は、変更後の諸規程に従って審査を行うものとします。

6 前項に基づく審査の結果、不合格と当社が判断した場合には、当該アプリを本アプリストアに掲載および提供することを認めないものとし、当社が合格と判断した場合のみ、本アプリストアへの掲載および提供を認めるものとします。

7 当社は、審査に加えて、デベロッパーに通知することなく、当社が定める時期にアプリの審査を行うことができるものとします。

8 当社は、デベロッパーのアプリ等が、当社またはアプリユーザーに損害を与え、もしくは与える可能性が高いと当社が判断した場合、第8条に記載された対応に加えアプリユーザーがインストール済の端末からアプリを削除することができるものとします。

9 当社は、デベロッパーのアプリ等に不具合があることを確認した場合、デベロッパーにアプリ等の改修を求めることができるものとします。また、アプリ等の不具合が解消されたことを確認するまで、第8条に記載された対応に加えアプリユーザーがインストール済の端末からアプリを非表示化することができるものとします。

第12条(アプリの掲載)

1 当社は、デベロッパーが制作、更新したアプリのうち、審査に合格したアプリケーションに限り、当社の指定する仕様に基づいた枠組みおよびデータベースシステム等を利用し、当社が別途指定する日時以降において、アプリを本サービスに掲載するものとします。

ただし、本アプリストアにおけるアプリの表示方法、位置、その他条件の詳細は、当社が決定するものとします。

2 デベロッパーは、当社または当社が、本アプリストアのプロモーションのために、本アプリストア以外の媒体および印刷物等に、アプリの一部または全てを掲載することを承諾するものとします。

3 当社は、本アプリストアのプロモーションのために、デベロッパーの商号、商標、意匠等(以下「商号等」といいます)を、デベロッパーに事前の通知無しに無償で使用することができるものします。

4 当社は、本条第1 項に基づきアプリを本アプリストアに掲載するにあたり、前条第3項によりデベロッパーが届け出た事項を含む次の事項を掲載することができるものとします。

(1)デベロッパーの名称

(2)アプリに関する問合せ先(電話番号、E メールアドレス等)

(3)アプリに関する詳細情報

(4)アプリの有効期限および、アプリの本アプリストアへの掲載期限

(5)情報料などの金銭の支払いが必要となる場合には、その旨およびその金額(消費税込みの表示とします)

第13条(アプリの提供可能範囲)

本アプリストアにアプリを掲載および提供することが可能な地域等、アプリの提供可能範囲については、別途当社が定めるところによるものとします。

第14条(デベロッパーの義務)

1 デベロッパーは、自己の名と責任において、瑕疵の無いアプリを安定的に提供しなければならないものとします。

2 デベロッパーは、アプリユーザー等からのアプリに関する問い合わせ等に対して、十分な対応を行う体制を構築し、かつこれを維持するものとします。

3 デベロッパーは、当社が別途定める「掲載基準」で禁止された事項の一に該当し、または該当するおそれのあるアプリをアプリユーザーに提供してはならないものとします。 また、第三者をして、同様の禁止行為を行わせてはならないものとします。

4 デベロッパーは、当社の信用を著しく損なわせるような障害もしくはアプリユーザーに損害を与える障害がアプリに生じ、または生じる可能性があると認識した場合、認識後直ちに当社に報告するものとします。

5 デベロッパーは、前項の報告に対するアプリの対応策と復旧日程を稼働日3日以内に当社に報告し、 すみやか復旧に努めるものとします。復旧後は、稼働日5日以内に適切な再発防止策を構築し、当社に書面の方法により報告するものとします。

6 デベロッパーは、アプリユーザーの通信の安全性を確保するために、アプリの内容に応じて暗号化など適切な安全措置を講じなければならないものとします。

7 デベロッパーは、次の各号のいずれかに該当し、または該当するおそれのある行為をおこなってはならないものとします。また、第三者をして、同様の行為を行わせてはならないものとします。

(1)特定商品取引法、景品表示法、著作権法、不正競争防止法その他法令の定めに違反する行為

(2)アプリユーザーの判断に錯誤を与えるおそれのある行為

(3)他のデベロッパーその他の第三者の財産権(知的財産含む)もしくはプライバシーを侵害し、またはその他第三者を害する行為

(4)犯罪を構成する行為

(5)公序良俗に反する行為

(6)本サービスの運営を妨げる行為

(7)本サービスと類似の著作物を作成する行為

(8)当社の利用するコンピューターおよびサーバ等に保存されているデータに、不正にアクセスし、またはこれを破壊もしくは破壊するおそれのある行為

(9)当社の社会的信用、名誉を失墜させる行為または、そのおそれのある行為

(10)当社の利益を著しく害する行為または、そのおそれのある行為

(11)当社の利用するコンピューターおよびサーバー等より取得した情報の蓄積

第15条(アプリの確認等)

1 アプリの内容は、デベロッパーが当社に提出し、当社が承認したアプリの届出書(当社が別途指定する場合は、当社が指定する書式の申請書を含むものとし、以下「届出書」といいます。)のとおりとし、デベロッパーは、当該届出書に従って、当該届出書の記載範囲内においてのみ、アプリを提供するものとします。

2 デベロッパーは、アプリを変更する場合(ただし、当社が承認した届出書の内容に変更がない範囲で、当該届出書に基づいてアプリの日々の更新を行う場合は含みません)、諸規程に従い、届出書を当社に提出し、変更内容について、当社の承認を得なければならないものとします。

3 当社がデベロッパーに対し、調査、確認への協力を求めた場合、合理的な理由がない限り、デベロッパーはこれに協力しなければならないものとします。

4 デベロッパーは、当社がアプリ等の全部または一部を不適切であると判断した場合、当社の指示および諸規程に従い、アプリ等を変更または削除しなければならないものとします。

第16条(アプリ等の保証)

1 デベロッパーは、自己の費用と責任により、本サービスへのアプリ掲載および提供等に関して必要となる、一切の第三者の許諾、承諾を取得するものとします。

2 アプリ等が、第14条第7項各号または前項に定める事項の違反に該当するまたは、該当するおそれがあるとして、当社と第三者との間で問合わせ、苦情、紛争等が生じたときは、デベロッパーは自らの費用および責任においてこれを解決し、当社を免責せしめるものとします。

3 前項に関わらず、当社は、自らが紛争等の解決にあたることが合理的に必要と認められる場合においては、前項に定める第三者との紛争等を、自ら解決することができるものとし、この場合、当社は、デベロッパーにその一切の損害および合理的な範囲内での費用(弁護士費用を含みます。)を、請求することができるものとします。

4 デベロッパーが提供したアプリの本サービスへの掲載および提供等に起因する第三者との紛争等により、当社が損害を被った場合は、当該アプリのデベロッパーは、その一切の損害の費用(弁護士費用を含みます)を賠償するものとします。

第17条(アプリユーザー情報の取り扱い等)

1 デベロッパーは、当社より、本アプリストアにおけるアプリユーザーに関する、一切の情報の提供を受けられないことに、承諾するものとします。

2 デベロッパーは、当社の事前の同意を得ることなくアプリを通じて知得したアプリユーザーに関する一切の情報を、アプリ以外に使用せず、また、第三者に開示、漏洩しないものとします。

第18条(苦情対応)

1 デベロッパーは、アプリに関する苦情、問合わせ等に対しては、窓口を設置し、自らの費用と責任で対応し、解決しなければならないものとします。

2 当社が、アプリユーザーまたは第三者から、アプリに関して苦情、問合わせ等を受けた場合も、デベロッパーは、自らの費用と責任をもって対応、解決しなければならないものとします。

3 前2項の規定にかかわらず、やむを得ず当社が苦情、問合わせ等に対応したことにより、その他当該苦情、問い合わせ等に起因して当社に損害または費用が発生した場合は、デベロッパーは、当該損害の費用(弁護士費用を含みます)を賠償するものとします。

4 デベロッパーは、アプリに関する苦情対応、その他のための連絡窓口を開設しなければならないものとします。

また、デベロッパーは、当社がアプリユーザー等からアプリについて苦情、問合わせを受けた場合、かかる苦情、問合わせを行った者に対して、デベロッパーの連絡先等を知らせることを承認するものとします。

5 デベロッパーは、アプリに関して苦情を受けた場合、速やかにこれを当社に通知しなければならないものとします。

6 当社は、苦情対応に当社が必要と認める場合に限り、当社が認める範囲で、デベロッパーに顧客の情報を開示することがあります。

第19条(本サービス利用契約終了時等の措置)

1 当社とデベロッパーの間の本サービス利用契約が終了した場合または第9条に基づき本サービスが廃止された場合は、デベロッパーは、自己の費用と責任により速やかにアプリユーザーに対してアプリの提供を終了することまたは当該アプリが利用できなくなることを通知し、また、本サービス利用契約の終了時にはアプリユーザーと締結した全ての契約について円満に解約する義務を負うものとします。

2 前項の場合でも、当社は、自己の裁量により、本サービス利用契約の終了前に有料アプリの利用により生じた情報料について収納代行することができるものとします。 この場合、当該情報料に関する限りにおいて、本サービス利用契約の終了後も引き続き第5章の定めが適用されるものとし、当社が収納した情報料については、引き続き本サービス利用契約に従い精算されるものとします。

第20条(アプリの提供終了)

1 当社は、デベロッパーの提供するアプリの全部またはその一部が以下のいずれかに該当することを当社が知った場合、自身の裁量において、本アプリストアでのアプリの提供を終了しまたは公開を停止することができるものとします。

(1)アプリにアプリユーザーの端末やデータに深刻な損害を与える可能性のある要素が含まれている場合

(2)法令に違反している場合

2 デベロッパーは、本サービスを利用し提供するアプリを終了する場合、提供終了予定日の3ヶ月前までに、本アプリストアからアプリを削除する旨の書面を当社に通知しなくてはならないものとします。

第21条(アプリ利用規約の制定)

1 デベロッパーは、自己のアプリ利用規約を定め、公衆の閲覧に供するものとしなければなりません。

2 デベロッパーは、前項にて定める自己のアプリ利用規約について当社が改訂等を求めた場合は、双方協議のうえ決定するものとします。

第5章 収納代行サービス

第22条(収納代行サービス)

本章の規定は、デベロッパーが収納代行サービスを利用する場合に限り、適用されるものとします。

第23条(情報料収納代行業務)

1 当社は、自らまたはその他の第三者を通じて、デベロッパーに代わって、情報料を有料アプリアプリユーザーに対して請求し、収納を代行(本規約において「収納代行」といいます。)するものとします。

2 当社が前項の収納代行を行っている間、デベロッパーは、自ら支払督促等の回収行為を行ってはならないものとします。当社が有料アプリアプリユーザーに対して請求したにもかかわらず、有料アプリアプリユーザーがこれに応ぜず、その他当社の故意または重大な過失によらざる事由により、当社が収納代行できない情報料については、当社はデベロッパーに対して、何らの責も負わないものとします。

第24条(収納の方法等)

情報料は、デベロッパーが当社の承認を得て決定した額に基づき、当社のシステムにより収納するものとします。

第25条(情報料の算定ができない場合等)

当社は、以下の事象が発生した場合、その旨をデベロッパーに通知し、その時点をもって、当該情報料について、その収納を代行する義務を負わず、デベロッパーに対して何ら責任を負わないものとします。

1 当社が、当社の設備の制約、または故障その他当社の都合により、情報料の収納等ができない場合。

2 当社が、有料アプリアプリユーザーの通信状況の悪化、または機器の故障その他の都合により、当社が情報料の収納等ができない場合。

第26条(収納ができない情報料の扱い)

当社が有料アプリアプリユーザーに対して、情報料の支払いを請求したにもかかわらず、有料アプリアプリユーザーが支払わない場合、および有料アプリアプリユーザーが当社に対して、適切に住所変更等の手続を怠った場合など、当社の責に帰すべき事由によらず、情報料を収納できない場合、当社が情報料の収納代行が不能であると判断し、その旨デベロッパーに通知した時点をもって、当社は、当該情報料について、その収納を代行する義務を負わないものとします。

第27条(収納済の情報料の扱い)

当社は、収納代行を行った結果、収納することができた情報料から、手数料およびこれにかかる消費税相当額を差し引いた金額を、デベロッパーが指定する銀行等口座に、収納できた日が属する月の翌月の末日に、振り込みにより支払うものとします。 なお、消費税率は、当社が情報料を収納できた日の税率を適用するものとします。

第28条(手数料)

デベロッパーは、別途定める金額および、これにかかる消費税相当額を、当社が収納することができた情報料より、当社が差し引くことを承諾するものとします。

第29条(端数処理)

当社は、手数料その他の計算において、その計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、当該端数を切り捨てて算出するものとします。

第6章 雑則

第30条(権利の帰属)

1 デベロッパーは、当社から開示される諸規程等の情報(以下本条において「開示情報」といいます。)にかかる著作権および、特許権等の知的財産権ならびに、ノウハウ等の一切の権利について、当社または第三者に帰属するため、一切利用することができません。 なお、本サービス利用規約等に基づき、当社または第三者が開示情報の利用を許可している場合は、その範囲において利用することができるものとします。

2 デベロッパーが、当社から提供され、または知得した開示情報または、技術に基づいて、発明、考案または、意匠の創作をなしたときは、直ちに当社に通知するものとし、かかる通知後すみやかにその発明、考案または意匠の創作に基づく特許、実用新案登録または、意匠登録を受ける権利の帰属および実施条件等について、デベロッパーと当社で協議の上、必要または相当と認められる事項を定めるものとします。

第31条(秘密保持)

1 デベロッパーは、当社の事前の書面による承諾なくして、本サービス利用契約の履行に関して、当社から口頭または書面を問わず開示されたアイディア、ノウハウ、発明、図面、写真、仕様、データなどの当社の技術上、営業上、業務上の一切の情報(以下、総称して「秘密情報」といいます。)を、アプリの提供以外の目的に使用せず、また第三者に開示、漏洩してはならないものとします。

2 前項の規定にかかわらず、デベロッパーが次の各号の一に該当することを立証した情報は、秘密情報に含まれないものとします。

(1)開示されまたは知得する以前に公知であった情報

(2)開示されまたは知得する以前に、自らが既に所有していた情報

(3)開示されまたは知得した後、自らの責に帰さない事由により公知となった情報

(4)開示されまたは知得した後、その秘密情報によらず自らの開発により知得した情報

(5)開示されまたは知得した後、正当な権限を有する第三者から、秘密保持の義務を負わず適法に知得した情報

3 デベロッパーは、アプリの提供のために、秘密情報を知る必要のある自己の役員または従業員で、本規約等に定める義務を遵守することに同意している者のみに、秘密情報を開示することができるものとします。

4 本条第1項の規定にかかわらず、デベロッパーは、自己の委託先または、当社から事前に書面による承諾を得た第三者(以下総称して「開示先」といいます)に限り、秘密情報を開示することができるものとします。 ただし、この場合、当該開示先に、本規約等に定める自己の義務と同等以上の義務を課すとともに、当該開示先が当該義務に違反することのないように、必要な措置を講じなければならないものとします。 なお、デベロッパーは、開示先に秘密情報を開示した場合において、当該第三者が当該義務に違反し、当社に損害を与えたときは、自らの故意または、過失の有無にかかわらず、当社が被った一切の損害を賠償するものとします。

第32条(秘密情報の保管および複製等の禁止)

1 デベロッパーは、秘密情報を含む全ての文書ならびに、その他の媒体(電子的に記録されたものを含みます。)およびそれらの複製物(以下総称して「秘密書類」といいます。)を、善良なる管理者の注意をもって保管するものとします。

2 デベロッパーは、事前に当社の承諾がない場合、秘密書類の全部または一部を、複製または改変することはできないものとします。

3 デベロッパーは、本サービス利用契約が終了しまたは解除されたときは、すみやかに当社の指示に従い、秘密書類を当社に返還または破棄するものとします。

第33条(権利義務の譲渡の禁止)

デベロッパーは、本サービス利用契約から生じる権利義務の一切について、第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供してはならないものとします。また、デベロッパーは、デベロッパーが当社に対して有している情報料の引渡請求権を第三者に譲渡してはならないものとします。

第34条(契約上の地位の承継)

会社合併または会社分割等法定の原因に基づき、本サービス利用契約における、デベロッパーとしての契約上の地位の承継を行う際には、事前に別途当社が定める方法に従い、当社に対しその旨を、届出るものとします。

第35条(契約期間等)

1 本サービス利用契約の有効期間は、本サービス利用契約の締結日から1年間とします。ただし、期間満了の6か月前までに当社またはデベロッパーのいずれからも特段の申出がない限り、期間満了日の翌日から更に1年間自動更新されるものとし、以降もまた同様とします。

2 本条第1項の規定にかかわらず、第10条、第14条、第16条、第30条乃至第33条、第39条、第40条、第42条および第43条の規定については、本サービス利用契約の終了後もその効力は消滅せず、なお有効に存続するものとします。

第36条(デベロッパーによる本サービス利用契約の解除)

デベロッパーは、本サービス利用契約を解除しようとするときは、その6か月前までに、別途当社が定める方法に従い当社に通知することにより、本サービス利用契約の全部を解除できるものとします。

第37条(当社による本サービス利用契約の解除)

1 当社は、デベロッパーが、次の各号の一に該当する場合、何らの催告をすることなく、本サービス利用契約をただちに解除することができ、デベロッパーに対し、被った一切の損害の賠償を請求することができるものとします。

(1)破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の申立てがあった場合

(2)手形交換所の取引停止処分を受けた場合

(3)差押、仮差押または滞納処分を受けた場合

(4)デベロッパーまたはデベロッパーの取締役、監査役もしくは従業員(臨時雇用の従業員を含み、以下同じとします)等が、法令等に違反した容疑で逮捕または起訴された場合(ただし、取締役もしくは監査役以外については、当該デベロッパーが提供したアプリに関連して逮捕または起訴された場合に限ります)

(5)所在が不明となった場合または連絡が不可能となった場合。

(6)当社に重大な危害または損害を及ぼした場合

(7)本サービス利用契約の申込み内容、その他当社への届出内容に、虚偽または誤った記載があると当社が判断したとき

(8)当社が承認した届出書の内容に反して、アプリを提供していると認められる場合

(9)正当な理由なく、本規約等に基づく義務を履行する見込みがないと認められる場合

(10)その他本規約または諸規程に違反した場合

2 当社は、前項に定める場合のほか、次の各号の一に該当する場合、デベロッパーに対し相当の期間を定めて、当該事由を解消するよう催告を行った後、本サービス利用契約の全部または一部を解除することができ、デベロッパーに対し被った一切の損害の賠償を請求することができるものとします。

(1)アプリについて、苦情が多発した場合

(2)アプリについて、障害を検知してからすみやかに復旧しない場合

(3)アプリについて、障害を検知してから稼働日3日までに当社からデベロッパーに連絡がつかない場合

(4)アプリについて、地方自治体、教育委員会、学校等公共機関またはそれに準ずる機関から当社に解約、変更その他の要請があった場合

(5)当社の業務の遂行上、支障があると当社が認めた場合

3 当社は、前各項に基づき本サービス利用契約を解除したことにより、デベロッパー、アプリユーザーその他の第三者に生じた損害について、一切責任を負わないものとします。

第38条(個人情報等の取り扱い)

1 当社は、第3項で定める目的のために、次の各号で定める情報に含まれる、アプリ開発者およびデベロッパーの個人情報(以下あわせて「個人情報」といいます)を取得します。

(1)本サービス利用申込の際にご提出いただいた書類等の情報

(2)前各号の情報に変更があった場合における変更後の情報

2 アプリ開発者およびデベロッパーは、前項に含まれるアプリ開発者およびデベロッパーの個人情報等をアプリ開発者およびデベロッパーから取得することに同意します。

3 当社は、取得した個人情報を安全に管理し、次の目的のために個人情報を利用できるものとし、アプリ開発者およびデベロッパーはこれに同意します。

(1)デベロッパーへのお支払い

(2)本サービスにかかる費用のデベロッパーへのご請求

(3)アプリ開発者およびデベロッパーへの連絡、お知らせ等の発送・発信

(4)以上のほかお客様の個人情報等取得時点でウェブ上に明記された目的

4 当社は、アプリ開発者およびデベロッパーまたは第三者の重大な利益を保護するために必要と判断する場合、または当社が従うべき法的義務のために必要がある場合は、アプリユーザーの個人情報を開示することがあり、アプリ開発者およびデベロッパーはあらかじめこれを承諾します。

5 アプリ開発者およびデベロッパーは、当社が取得した自己の個人情報等について、個人情報の保護に関する法律の定めるところにより当社に対して開示するよう請求することができるものとします。万が一個人情報等の内容が事実でないことが判明した場合には、速やかに訂正または削除に応じます。

6 アプリ開発者およびデベロッパーの個人情報等に関するお問い合わせ先は、freeeアプリストア事務局宛にご連絡ください。   【freeeアプリストア事務局】

7 アプリ開発者およびデベロッパーは、アプリ開発者およびデベロッパーの個人情報等 を当社にご提供いただけない場合、本サービスの提供を受けることができません。

第39条(デベロッパー等への連絡等)

1 当社は、アプリ開発者または、デベロッパーに対する連絡その他通知を、届出連絡先への電子メール等による通知、ウェブへの掲示、その他別途当社が定める方法により行うものとします。

2 アプリ開発者または、デベロッパーは、本規約等に従い、当社へ届け出た内容(以下「届出連絡先」といいます。)を変更する場合は、別途当社が定める方法により、事前に変更を届けなければならないものとします。この場合、アプリ開発者またはデベロッパーより、届出にかかる変更の事実を証明するため、公的書類その他の書類、当社の指示に従い提出していただく場合があります。 なお、届出内容に変更があったにもかかわらず当社に届出がないときは、本規約等に定める当社からの通知については、当社が届出を受けている届出連絡先への通知をもって、その通知を行ったものとみなします。

3 当社が、アプリ開発者またはデベロッパーへの通知を電子メールにより行った場合、当該通知は、当該電子メールが当社の送信用電子計算機から発信された時点で、アプリ開発者またはデベロッパーに到達したものとみなします。

なお、アプリ開発者またはデベロッパーは、万が一通知された当該電子メールが、文字化けその他のデータ化け等により読み出し不能な場合には、直ちに当社に連絡し、その内容について当社に確認を求めるものとします。

4 当社が、アプリ開発者またはデベロッパーへの通知を郵送で行った場合、当該通知は通常到達すべきときに到達したものとみなします。

5 当社は、届出連絡先に対して郵送等の通知を行い、相当の期間を定めて当該通知において指定した当社の連絡先への連絡を求めたにもかかわらず、デベロッパーが当該期間内に当該当社の連絡先への連絡を行わない場合には、当該通知が現実にデベロッパーに到達したか否かにかかわらず、デベロッパーが第37条第1項第5号に該当するものとみなすことができるものとします。

第40条(損害賠償)

デベロッパーは、本規約等の違反、その他の事由によって、アプリの提供に関して、当社または第三者に損害を及ぼした場合、当社または第三者に対し一切の損害(弁護士費用を含みます)を賠償するものとします。

第41条(免責)

当社は、故意または重大な過失がある場合を除き、いかなる場合においても、本サービスに関してデベロッパーに生じる損害について一切の責任を負わないものとします。

第42条(法令等の遵守)

1 デベロッパーは、本規約等の定めに従うほか、監督官庁の指示、指導および関係法令等を遵守するものとします。

2 当社またはデベロッパーは、相手方に対して、次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。

(1)自らまたは、自らの役員が、反社会的勢力等であること

(2)反社会的勢力等が、経営を支配していると認められる関係を有すること。

(3)反社会的勢力等が、経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。

(4)自らもしくは第三者の不正の利益を図る目的または、第三者に損害を加える目的をもってするなど、反社会的勢力等を利用していると認められる関係を有すること。

(5)反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。

(6)自らの役員または、自らの経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること。

3 当社またはデベロッパーは、自らがまたは第三者を利用して、次の各号に該当する行為を行わないことを保証するものとします。

(1)暴力的な要求行為

(2)法的な責任を超えた不当な要求行為

(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為

(4)風説を流布し偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損する行為し、または相手方の業務を妨害する行為

(5)その他前各号に準ずる行為

4 当社およびデベロッパーは、本サービス利用契約を履行するにあたり、業務を委託する契約その他、本サービス利用契約に関連する契約(以下総称して「関連契約」といいます)の、相手方(以下、「関連契約事業者」といい、関連契約が数次に渡る場合は、その全てを含みます)が、次の各号に該当したときは、速やかに関連契約の解除、その他の必要な措置を取らなければならないものとします。

(1)関連契約事業者が本条第2項各号に該当することが判明したとき。

(2)関連契約事業者が、自または第三者を利用して、本条第3項各号に掲げる行為をしたとき。

5 当社およびデベロッパーは、相手方が前三項に違反した場合は、通知または催告等何らかの手続きを要しないで、直ちに本サービス利用契約を解除することができるものとします。

6 当社およびデベロッパーは、前項に基づき本サービス利用契約を解除したことにより、相手方または、第三者に生じた損害について、一切責任を負わないものとします。

第43条(準拠法)

本規約等および本規約に基づく本サービス利用契約の成立、効力、解釈および履行については、日本国法に準拠するものとします。

第44条(合意管轄)

本規約等および本規約に基づく本サービス利用契約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

第45条(協議事項)

本規約等に定めのない事項および解釈上疑義の生じた事項については、必要に応じてデベロッパーと当社間で協議の上、定めることとします。

料金表

  • 収納代行手数料:代行決済の対象となる情報料の20%

(附則)

本規約:2018年12月17日施行